同僚とささいなことから険悪な仲に

30代の女性
経験:
外来外科3年
自己紹介:
地元の看護学校を卒業してから近くの総合病院に勤務。準看護士から正看護士になり、外科外来に勤務して3年です。

同僚と険悪な雰囲気に

勤務をしているときにちょっとしたいきさつから同僚の看護師と険悪な雰囲気になりました。しばらくの間口も聞かない状態が続きました。ほんの些細なことでしたが、患者さんの本にもわかるような感じになってしまいました。

医師に相談したらたしなめられた

その当時お付き合いしていた、同じ病院に訪問診察を行う医師によく相談をしました。何かあっては相談をしていたのですが、そういうことは良くあることだよとたしなめられました。私の中ではわだかまりが消えずに。そのまま勤務を続けたがストレスはたまる一方でした。。

何事もなかったかのように勤務

血液型のためか患者さんの前での振舞いには険悪なムードは出しませんでした。その点上司からは勤務態度に関しては責められることもなく普通に勤務し続けました。少しはやめたいと思ったことがありますが、その時点でお付き合いしていた先生に相談をして慰めてもらい、乗り切っていました。

結局仲直りができた

結果として看護師は辞めませんでした。お付き合いした先生が仲直りの場をセッティングしてくれました。それは飲み会の場だったのですが、そのときに二人とも抱えていた不満を思いっきり爆発させて話し合いました。そのときはとことんお酒を飲んで仲直りをして。お付き合いしていた先生も仲を取り持ってくれて、その同僚とはそれ以降仲良く仕事をすることができました。お付き合いをしていた先生に感謝をしています。

相談できる人に相談を

女性同士些細なことからトラブルに発展することがあります。今回は仕事のことからでしたが、それでも険悪な雰囲気の中で接することは少し周りに迷惑を掛けたみたいです。私の場合そのときお付き合いしていた先生が色々相談に乗ってくれて、そして助けてくれましたので、いい方向に向かって進むことができました。とても感謝していますね。私の場合はとてもラッキーだったのかもしれないです。もし同じことで悩んでいる人があるならば、相談できる人には相談することが一番だと思います。

▲ページトップに戻る