個人事業主の夫と協力して子育て

30代の女性
経験:
OPE室1.5年 透析4年
自己紹介:
31歳女性。看護師歴は7年。2歳の男児一人を子育てしながら正社員で透析クリニックで日勤勤務をしています。所属年数は4年ですが看護師では一番長く、副主任という肩書も頂いております。主人は個人事業主で昼夜逆転の生活をしていますので平日、仕事の後は子供と二人で過ごしています。

子どもは認可保育所に

保育所に入れる月齢になってからは直ぐに保育所に通っています。市の認可保育所に開園から延長保育料を払って最後までいます。それ以外は民間も含め何も登録していません。

子どもに物心がついてからは日勤のみ

まだ回りの認識ができていない1歳ごろは、通しという22時までの勤務もし

職場の理解を得るためにできるだけのことをしながら子育て

30代の女性
経験:
ICU1年、心臓血管外科6年、クリニック外来4年、老健1年
自己紹介:
夫が転勤族のため、結婚後は転勤先でその都度職を探していました。夫の仕事が忙しく、またお互いの実家も遠方のため、周りに頼れる家族がおらず、社会資源を利用していました。

合う保育所をみつけるまでが大変だった

転勤族だったのもあり、一旦退職してからの出産育児のため、求職の際、ただでさえ待機児童が多く激戦の保育園はなかなか入れず、一時保育もなかなか空きがない状態でした。無認可託児所を利用していましたが、料金が高額なのと、環境が我が家の教育方針と合わず、結局、本格的に就職活動ができるようになったのは、長期休暇中も預かり保育がある幼稚園に入園して

子育てに協力的な病院で助かった

40代の女性
経験:
小児科3年、内科1年、健診センター1年
自己紹介:
女性、40歳、看護師歴約10年です。現在は二人目の育児をしているために休職中です。一人の時は復帰して働いていました。

子どもは病院の託児所に

私のひとりの子どもは病院の託児所に預けて働いていました。当時は2歳でした。園児は約15名いて、先生は5名。新しく改築された託児所だったので、きれいだし、園庭も広かったので子供ものびのび遊んでいました。病院の敷地内にあり、送り迎えも楽でした。託児所の給食は、病院食と同じものを食べていました。

夜勤をする週としない週が決まっていた

子供を持っていてそこに預ける場合は、第1,3土日は預かる、そして夜勤をする場合

▲ページトップに戻る